いちはちにっき分家

 いちはちにっきの分家
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

期限間近免許更新物語 第二章




「ピッピッピッ」



午前7時ジャストに目覚ましが鳴る。
グッドモーニング俺。
グッドモーニング紀代様。

ふと紀代様の方に目を向けると、花粉症で鼻がつまり、
「フゴーぴゅるるるー、フゴーぴゅるるるー」
と寝息を立てていた。

「・・・・なんちゅう寝息や」
そう思った低血圧の僕がズバッと起きる。

顔を洗い、円形脱毛症ハゲを隠しセットをし、余裕ぶっこいてたら
あっという間に出掛ける時間になってしまった。
急に慌てて出て行こうとする僕に、起きて朝食を作っていた紀代様が、

「じがんだいんでしょ?ざんどびっちにじてあでたよ~ズズズズ~」

と言ってサンドウィッチを渡してくれた。
「時間ないんでしょ?サンドウィッチにしてあげたよ」
しかしこれを理解するのは車に乗ってからだった。スマン

「行って来るよ」
前日に玄関に用意してあった荷物を持っていよいよ免許センターへ向かう。



車に乗ってスグに紀代様特性サンドを食べる。
「美味い!!」
サンドされてたのは具だけでなく愛情だから美味いのか。テヘッ

しかし、サンドの具が2週間以上前に僕が作った”豆腐の薫製”だった。
ただの豆腐を薫製(しかもちょっとだけ)したもんなんてそんなに保存できる
もんなんか?
ひょっとして「ポイズンを喰ってしまったんジャマイカ?」と一瞬焦るが、
今さら慌てても後のフェスティバルなんで考えない事にした。



腹も満たされだいぶ目的地の免許センターに近づいて来た頃、信号待ち
ついでに持ち物の確認をする。

持っていくのは、公安委員会からのハガキ、印鑑、写真だ。
そして荷物を入れている袋の中身を確認していく。

ハガキと印鑑と写真。

ハガキ→ありました
印鑑→ありました
写真→ありません

あれっ?もう一回確認だ

ハガキ→ありました
印鑑→ありました
写真→ありません

いやいやいや、写真あるでしょうよ。
ともう一度確認。



無い!!\(^o^)/オワタ


あんだけ、あんだけ用意したのになんで?????
たしか写真は袋に入れて・・・・ないや。
家にあるスーツのポケットだ!!

さーココからは必殺パニックちゃんに変身だ。

解決方法その1
”家に取りに戻る”
無理じゃき。午後も予定あるのでどうしても午前中に更新しなきゃならんし、
かといって戻るのも無理。

解決方法その2
紀代様に持って来てもらう。
どのみち午前中の締め切り9時30分には間に合わない

解決方法その3
諦める。
全然解決してないので激しく却下。



いろいろ考えながら運転し続けて、もう完全リーチの僕の前に
免許センターが見えて来た。

そしてその手前で出会った救世主!!
人生で二度と手を組む事がないだろうと思われる相手と奇跡の
コラボで切り抜ける!!!!



キャメラマンが写真忘れてどーすんの?
キャメラマンが写真忘れてどーすんの?
キャメラマンが写真忘れてどーすんの?
キャメラマンが写真忘れてどーすんの?



ねぇ、どーすんの?



センター直前で出会った救世主とは?ちんたら第三章に行く・・・
いや、行けたらいいね。




 
スポンサーサイト
 
 

期限間近免許更新物語 第一章




忙しい訳じゃない。



ホントに何か忙しい訳じゃないのに免許の更新に行かなかった。

「あーもー行かなきゃなー」

と思ったのが期日5日前で、行ける日が期日の2日前しかなくなっていた。



毎回の事だが、何を持って行くのか全然覚えていない自分が猛烈カワイイなと
密かに思いながら自分のキモイ写真を用意する。

そう俺はキャメラマン、流石に自分の写真くらいはキッチリ用意する。
25mm×30mmサイズにきっちりカットされたキモイ写真、しかも予備の1枚を
用意してるところが”出来るキャメラマン”と噂されるところか?

しかし油断は超絶禁物!!
小学校の時にパジャマの上にジャンパー着ていってしまって、体育の時間に
カーテンに隠れるマイケルの様な着替えをしたおっちょこ和田くん。
あの時のおっちょこぶりはさらにエスカレートして育った現在の僕は、明日の
用意を”し過ぎるという事はないはずだ。
それでもネットで持って行く物を調べておいた僕にもはや死角はなく、
それらを入れた明日履いて行く靴の上に置いておいた。か、完璧じゃ。
これだけやっておけば明日ブラをし忘れても袋は忘れまい。
僕の中では事は成ったも同然だった・・・翌日のステキ☆ハプニングまでは。



時刻は24時、
「明日は遅刻できないな」
そう考えた僕は、リビングで数日前からの花粉で死にそうな紀代様(奥さん)に
投げキッスをして言った、

「お・や・す・み!!」

その言葉に紀代様は、

「うぅぅぅ~、おばずずびぃぃ~~」

と力なく答えた。

結婚して10年、今も昔も変わらず愛しているよ。
しかし、両鼻に”Uの字”にティッシュを詰めてる顔は、

予想の斜め上をいくブサイクさだった。

僕は全然花粉症和らげる役目を果たさず、ただ轟音だけをまき散らしてる
値段だけはヘビー級な加湿器が動くリビングに愛する妻を残して
床についたのだった。




たぶん第二章に続く・・・といいね。




 
 

A Guide To Taking Better Pictures...



フレームの外が見えないのが写真の面白さでもある。
モンスター達の写真撮影テクニックとはどんなんでしょうか?






 
 

備えあれば、憂いなし。 探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力




探査機「はやぶさ」。

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日(金)13時29分25秒に
宇宙科学研究所 (ISAS)が打ち上げた小惑星探査機(正式名称:工学実験探査機)
である。はやぶさは小惑星 (25143) イトカワに2005年夏に到達し、サンプルを
採集して2010年に地球に持ち帰ることを目的としている[1]。(wikiより)


ミッション中に発生した”まだあんのかよ!!”と言いたくなるほどの
数々のトラブルに、「そんなときのために・・・」と用意周到な日本技術者達。
その執念にも似た情熱には感動すら覚えます。

人生にもコレくらいの準備と対応力があれば何処でも生きて行ける気が
しますよね。









 
 

漁夫の利








一切れの肉を奪い合う猫同士の真ん中で、ただひたすら食べ続ける
たくましい猫。



争いをしてる間に他に美味しいところを持って行かれるのは社会でも
よくあるこではないでしょうか?

そして、1対1になっても食べ続ける猫こそ厳しい現代社会で生き残る
大きなヒントかもしれません。



しかしお前、どんだけ食べていんや!!



 
Top
Copyright © 今はX(エックス)とだけ名乗っておこう / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。