いちはちにっき分家

 いちはちにっきの分家
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ペアでヤングなソースやきそば


滅多に吠えない僕が吠えていいですか?
(いやこんなネタ、自分のブログ以外吠える場所なんかないのも知っているぞ。)



夜コンビニに寄って買い物してたら大好きなカップラーメンコーナーに
信じられないものを発見して、思わずバック転しそうでした。
衝撃度でいえばネットで、子供の頃に見た夢の肉を見た時と同じくらいだが、今回の”ビックリ”度合いも半端じゃないぜぇー。

その衝撃、いや、世間様から笑撃と言われてもおかしくないのモノとは・・・・・


peyoung.jpg



コラコラコラコラコラコラコラコラッ!!!!!

なんじゃコリャ!?

”のり塩ポテト”ってコレのどこがペヤングや????
今までも本来のペヤング味から逸脱した味がリリースされてきたのを
見ててハラ立ってしょーがなかったけど、今度っっちゅー今度はいかんぞ。

あの微妙な、何とも言えない味わいのソース味が「ペ・ヤ・ン・グ」でしょーが。
開発当初のコンセプト、”ペアでヤングなソースやきそば”のスピリットを
持ってる正当派の味はソース味のはずです。

500万歩譲って”のり塩ポテト”って焼きそば売りたいなら、
ペヤングって名前つけではダメです。
”のり塩ポテト焼きそば”でいいじゃないですか。
なんでそこにペヤングつけるかなー?



開発部(そんな部署があるかは知らないけど)から部長に

「部長、ついに出来ましたよー新しいペヤングが!!」

とか言いながら”のり塩ポテト”出してきたら、

「キ、キミーーーッ!!!」

と怒鳴られて往復ビンタもんでしょう。



それと、こんなトンチンカンな味出したおかげで、

普通味のペヤングのコーナー無くなってるやんけー!!!!!チキショー

これだけは言うとくぞ、ペヤングの味さわんじゃない!



以上好き勝手に吠えさせていただきましたが、自分が死んだら墓石に
ペヤングかけて欲しいと思うほどのペヤング好きな僕だからこその
苦言と思って欲しいです。



Love & ペヤング




 
 
Comment
この前の課題図書「神様からひと言」の製麺会社の
ネーミングみたいですね。
なんでもかんでも、くっつけておけばいいっていう感じの。
この会社も、あの小説のような古い体質の会社なんでしょうか。
これこそ  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://tapuko.blog54.fc2.com/tb.php/33-92c0244e
 
Top
Copyright © 今はX(エックス)とだけ名乗っておこう / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。